2021/04/08

sakura のお裾分け。

 

まだまだ…

と思っていた平沢にも

桜の季節がやってきましたー!


車の移動中に目に入る桜。

水仙やチューリップ、ムスカリ

れんぎょう、雪柳、八重桜…

いろいろな花たちと奏でる景色は

とっても美しく楽しく…

心も体も喜ぶのを実感♪


木曽でみる桜は
バックの景色がほぼ、山!(笑)
お洒落な背景とはいきませんが
素朴?自然体?
ありのままの雄大さを感じます。




             写真は昨日、市内に行った先の桜。



アルプスの残雪を

遠くに見ながらの桜も

眺められました。



花冷えの今週ですが
見頃を迎えている平沢のさくら
朝んぽ、は無理だけどー(^^;
ゆっくり愛でに…
そろそろ出陣しなくちゃ(笑)





2021/04/05

紅白梅図屏風


我が家の満開の梅の花
昨日の雨で散り始めました。
昨日はお雛様道具を仕舞い
梅の掛け軸も片づけました。

初夏を思わせる
暑いくらいの日もあったりして
少々おかしな陽気ですが
確実に季節が
一歩先へ
進んでいくのを感じます。

 その前に・・・


今年はこんな遊びも。

インテリアとしての額を

テーブルのセンターに置いて

梅の蒔絵重の蓋を

お皿に見立てて

苺のケイクと甘酒を。




この額の絵、

国宝ともなっている

尾形光琳筆

紅白梅図屏風、の写しで

去年の切手趣味週間のデザインにも

なっていました。

昨年、大片づけの際に

埃を被って奥のほう~

にあったのを

目にしたのですが

あれから一年経ったのだな~と

しみじみ思いながらの

お茶時間を過ごしました。








桜を愛でる

 

先月末、
社用で出かけた塩尻市内で
思いがけず
でくわした
満開の枝垂れ桜。



全国的に桜前線が進んでいますが

平沢では気配がなく…(笑)

同じ塩尻でもこうも

違うのか~と

びっくりしつつも

圧倒的な美しさに

暫し魅入っていました。



優しく

美しく

頼もしく

妖艶でありながらも

凛とした佇まい


見れば見るほど

美しい。。。


今年も美しい花を
咲かせてくれて
ありがとう。

さぁ平沢の桜も
ぼちぼちかな~
今から楽しみです♪





2021/04/03

梅蒔絵皿でomotenashi

 


過日のおもてなし。




紅白梅の掛け軸を背景に

梅蒔絵のお皿。

苺のケイク、

今年は赤塗りの気分でした。

毎年どんな器と合わせようか

迷いつつも楽しんでいます。


久しぶりに烏龍茶を淹れて
ヘギメ盆にセットしました。

我が家の梅の花は
満開になりました。
桜はもう少し。
4月も穏やかなじかんが
流れますように。。。









2021/03/30

いちごのパウンドケイク


今年はだいぶ…
出遅れてしまいましたが
先週作った
いちごのパウンドケイク。
教えていただいてるパウンドの中でも
上位に君臨してる
大好きなケイク。

 中には苺のコンフィチュール

たっぷりのフリーズドライ苺、

ホワイトチョコも入る

贅沢なケイク。

仕上げにも

とってもスペシャルな

リキュールを使ってるんですもの

美味しいはずー笑



そして今回も
リング型で♪


苺のケイク

コンフィチュール

フリーズドライ

フレッシュ

な苺を総動員して

苺まつり

家族用の夜賄いに(笑)


今回は漆器、なしー( ^^;









大棗 山吹

大棗 木製/漆塗り/
磨き蒔絵(山吹)

お問い合わせください。

まだまだ平沢は
桜の便りとはいきませんが~(笑)
桜が終わる頃には
山吹の黄色が
山肌を覆うように
なります。

自然の織りなす色・美しさには

毎年見ていても

飽きることはありませんね。

今年の山吹の花は

どんなストーリーを

魅せてくれるでしょう。

今から楽しみです。







2021/03/26

はんなりと。。。

桜のイメージそのままに

柔らかい空気感の中で

お抹茶を点てて

お茶じかん



手作りのカヌレをお供に
はんなりと。。。


松本城、高遠でも
開花宣言となりましたね。
平沢は次々と
梅の蕾が綻んできました。
あと少し。。。



2021/03/24

桜のある景色をたのしむ

 あちらこちらから

桜を愉しむ投稿が目に入り

エアーでも十分お花見できる

便利な時代(笑)


我が家の梅の木、

日ごとに一輪ずつ蕾が綻んでいます。

愛らしい姿にこころもほっこり。

梅が咲けば…

よしっ

平沢の桜もあと少しかな。。。

その前におうちで

桜のある景色を

愉しみましょ♪




春の季節は
和の道具や器に
心惹かれる方も
多いのでは?

お花見のイメージも
あるのでしょうか。。
お花見の会にはお重や弁当箱、
お茶席などには棗や抹茶碗などの
お茶道具。

日本の国花でもある桜は
やはり日本人にとって
特別な思い入れがあるもの。

漆器の世界で
桜を描いた蒔絵が多いのも
そんな理由からなのでしょう。

一閑張りの棗には
桜と遠山。

お茶杓には

桜と紅葉の蒔絵。

情緒がありますね…



見ているだけで

豊かな気持に導いてくれる
蒔絵。

季節を感じられるのも
魅力の1つかと。

お抹茶碗といえば

大概が陶器かと思われますが

こちらは白木の抹茶椀。

宮澤奈々先生が主宰されている

テーブル茶道用に

製作したものです。

口当たりも柔らかく

手に持った時も温かみがあり

茶筅との相性もよいようで

細やかな泡が点てられる

木の抹茶椀です。


棗(現品)茶杓(現品)

抹茶椀(残りわずか)

販売しております。

ご興味あります方はお問い合わせくださいませ。









2021/03/21

蔵ギャラリーの室礼



夕べの仙台の地震は
大きかったですが
お近くにお住まいの皆様は
大丈夫でしたでしょうか。



さて、先週は木曽も

暖かな陽気が続きました。

とはいえ、朝晩はまだまだ寒く

マイナスになることもありますが。。。

陽も延びて、木々も芽吹き

春の空気を感じられるのは

嬉しいことです。




蔵ギャラリーのテーブルランナーを
紅白梅の掛け軸にしました。
シミはあるし
ところどころ折れたり切れたり…
それでもこの時季になると
愛でたくなるお気に入りの掛け軸。

掛け軸と枝花、
合ってませんが…(笑)
優しい色合いにまとまって
今の気分にはぴったりかな。



梅といえば
庭の梅の木、
まだまだ蕾は固いな~と
眺めていたのも束の間
昨日、1輪だけ
蕾が綻んでいるのを発見♪
心が和みました。

木曽にも春が
ぼちぼちやってきますよ~





子育て応援

 

塩尻市「子育て応援」に

協賛しています。


手に触れた時

口に触れた時に

感じるぬくもり

ほっこり感

子供たちのやさしくて

おいしい笑顔に

繋がりますように。






名前を蒔絵でいれて
じぶんだけのマイおわん。
もっとたのしいが
広がるごはんじかんに♪

名入れ、お請けしております。
プレゼントなどにも是非
ご相談くださいませ。



お茶の時間



昨日はお彼岸の中日でしたね。
朝、散歩を兼ねて歩いて
お墓へ行ってきました。
お墓の前で手を合わせるのは
やはり特別な気持になり
心も清まる気がします。

行き帰り
街中の木々や草花を眺めては
春の息吹も感じられて
穏やかな気持ちに。
 
佳き1日のスタート。



ゆっくりめの週末、
甘夏のパウンドケーキで
お茶時間。


たっぷりのリキュールに
漬けこんだ甘夏も添えて。

和紙を貼って漆を塗った
八角トレーに
(受注しています)
お気に入りの作家さんの
丸皿を重ねて。

今年は引き算の
テーブルコーディネートを
心がけたいと思っている
わたし。。。

できるのか?
伝わるのか?

ゆる~くお見守り
ください